sorosoro-biyou のすべての投稿

角質にどれだけ湿気が

角質にどれだけ湿気が蓄えられているかで、肌の状態はすごく変わります。長期間湿気があるというスキンが潤って柔らかく滑らかになり、反対に湿気が足りないって乾燥してごわごわし、ハリも低下します。また、湿気の弱化はスキンのハードルキャパシティーを低下させて、痒み・不潔・しわなどの不幸を招きます。

一般的に、スキンが良い状態であれば角質湿気分量は15%~20%そばありますが、乾燥肌では10%以下に低下していると言われています。 こういうデータでは、どの階層も男性は女性のおよそ1/3程度の角質湿気分量しかありませでした。湿気蒸散分量が多いのだから、スキンに残る湿気は当然少なくなります。

先にも述べましたが、紳士ホルモンの一種であるテストステロンが5α-リダクターゼⅡパターンにて変化した製造アイテムがジヒドロテストステロン(DHT)だ。これがヘアー乳頭における紳士ホルモン受容カラダと結合そうすると、上達期の毛に作用して未成熟な通り上達が止まってしまう。そうしてヘアサイクルが乱れた契約、薄毛のスピードを作っていくのです。

本当は、DHTは胎生期から存在しています。胎生期(つまり女性のおなかにおける旬)には紳士の生殖入れ物を生成するうえで重要な役回りを果たし、思春期になると二いつか性徴として筋肉増幅や骨格発育に甚だ寄与します。一方、皮脂分泌を促進してにきびを衰弱させ、前立腺肥大、体毛のプラス、バイタリティー弱化、という様々な負の病状を引き起こします。

テストステロンが30年頃から緩やかに減少するのに従い、その副産物ですDHTも減っていくはずですが、低下比率は個人差が著しいうえに5α-リダクターゼが遺伝みたいに多い慣習においては、ナチュラル低下をただ待つだけでは良くなりません。早めに手を打つことをピンときたほうがよいでしょう

脂腺で生まれた脂質

皮脂は、狭義には脂腺で生まれた脂質をいいますが、広義には脂腺由来の脂質と人肌置き場化細胞由来の脂質が混じったときの人肌外面における脂質をいいます。皮脂膜は、こういう広義の皮脂に汗腺から分泌された汗が混じって形成されるもので、人肌外面からの湿気の蒸散を防ぎ、外部からの異物の侵入を防いで人肌を保護しつつ滅菌まで担っています。

こういう確認では、20~40代の男女において男性は女性のダブル皮脂分量があり、50代にいたっては男性は女性の5ダブルという皮脂を分泌していました。

経皮湿気蒸散分量は、無我のうちに全身から人肌(角質クラス)において揮発やる湿気分量のことを指します。こういう病状を不感蒸泄という済む、別面積頃別瞬間頃の湿気分量で表されます。人並み、人肌のハードルキャパシティーを反映する指標として用いられます。こういうバリューが増加すると、ハードルキャパシティーが低下したといったみなすわけです。

本確認では、どの階層も男性は女性のダブルの湿気蒸散分量がありました。すなわち、男性は女性のダブルスキンが乾燥しやすい、ということです

20代のにきび

一方、20代以上のアダルトにきびは、10代は生起体系が異なります。交替と呼ばれる人肌細胞の生まれ変わりのチェーンが長くなり、角質がめくれ辛くなると角質クラスが分厚くなり、毛孔のインテリアを塞いで皮脂が溜まって赴き、ニキビを作ります。そうすると酸素が少ない環境になるため、反感性菌ですアクネ桿菌が増加しやすくなって炎症を起こし、にきびとなるのです。

思春期のにきびが皮脂分泌の盛んなTゾーンにでき易いのに対し、アダルトにきびは顎~口の周りや面構えの概観等Uゾーンにできるのも特徴です。また、10代の思春期にきびと決定的に違う原因は、刺激。登用し暮らしが一変、暮らしが不規則になって、深夜に夕ごはんを摂ったり睡眠欠落になったりしていませんか?

刺激がかかると、アドレナリン、ノルアドレナリン、コルチゾールというホルモンが多く分泌されます。別にコルチゾールは紳士ホルモンへって変化する結果、コルチゾール↑→紳士ホルモン↑→皮脂分量↑→にきび↑という結果になります。また、刺激により活性酸素が増えて細胞を攻撃するだけでなく、活性酸素がDHTを増加させるので、二度と皮脂分泌分量が伸びるという行き詰まりに陥ります

にきびの原因

にきびの原因 にきび(医学的には尋常性ざ瘡といいます)は、ヘアー包の出口です毛孔に古臭い角質が溜まってつまる結果発生します。これをニキビ(コメド)と呼びます。そこにアクネ桿菌という雑菌の感染を伴って炎症を起こすとにきびになるのです 68

10代に発生する思春期にきびは、紳士ホルモンの分泌が活発化して皮脂が過剰に産生されることにより起こります。紳士ホルモンはあだ名アンドロゲンとも呼ばれ、いくつかタイプがありますが、ゆくゆく精巣から分泌されるものをテストステロンといいます。そのほか、副腎から分泌されるものに、アンドロステンジオンといったデヒドロエピアンドロステロン(DHEA)があります。

テストステロンが皮脂腺の細胞内にあるリダクターゼⅡパターンという酵素を通じて強力化されると、ジヒドロテストステロン(DHT)に変化します。DHTは脂腺細胞の繁殖と皮脂生成を促進する結果、過剰な皮脂がヘアー包を詰まらせ、にきびをでき易くする。 余談ですが、DHTが紳士の毛内で増えると髪の上達期を少なくすると言われており、これが紳士パターン抜毛の原因と考えられています。紳士パターン抜毛の診断に使われているフィナステリド(商品名プロペシア)という薬は、5α-リダクターゼⅡパターンを阻害する結果DHTの生成を抑えて抜毛を予防する実行があります。

また、5α-リダクターゼⅡパターンの分泌分量は遺伝という結合があり、にきびのある他人はない他人に比べて5倍以上DHTへ修正されていると言われています。

クリニックへ

しかし、身辺が忙しくて定期的にクリニックへ向かうことが難しかったり、せっかくの有難い薬も使ったり使わなかったりだと、本来の効果が期待できません。そもそも、にきびに悩む他人がまさに病院にかかる釣り合いは全体の1割合過ぎないというアンケート契約もあるほどですので、その中で定期的に通院して要る他人はごく限られた台数になってしまいます。

にきびは気持ちに大きな影響を及ぼします。女性であればメイクで結構カバーして目立たなくさせることも可能ですが、紳士ですとそんなふうにもいきません。販売で携わる他人や気になるロマンスにはなるたけ素晴らしい感覚を持ってくださいし、そのためには綺麗感が欠かせませんが、赤い高いにきびが際立つ面構えだと必ずしも自分に自信が保ちがたく、積極的な実践へ動き出すことをためらってしまうこともあるでしょう。

にきびに主眼をおいてはいますが、基本と罹るスキンケアは全ての表皮品に共してできるようになっています。スキンケアは女性につきだけではありません。男性にも入用だ。これまでの伝統に囚われずに、素直に実践していただければ幸いです

にきびの診断

これまでのにきび診断 かつては“青春の信号”などと呼ばれたにきび。必ずや、にきびを患う主クラスは10代~20代のいわゆる思春期真っ只中のみなさんですが、30歳~35歳又は40代金になってもにきびに悩む他人も少なくありません。

只今、にきびによる他人は約700万人いると推定されています(塩野義製薬の確認によって)。これ程みんながにきびに耐えるのに、海外に比べると日本のにきび診断はかなり遅れをとっていました。その長所のひとつに、海外では重症のにきびクライアントが多いのに対し、邦人のにきびクライアントは比較的軽微が多いので、保険検査においてにきびは病気として扱われてこなかった事情があります。

癌などの命に関わる病気ではなく、エマージェンシー性も弱い結果、どちらかというとあんまり積極的に治療する医師が少なかったことも影響しているかもしれません。

日本で行われている保険のきく診断は、ニキビ圧出療法・イオウカンフルローション・ビタミン剤・抗生物体(呑み薬若しくは塗り薬)ですが、2008クラスにディフェリンゲル(アダパレン)の公開が努力され、にきび診断が一変しました。それまで一部の医師が独自に入手し自前手当として処方していた薬が、厚生労働省に正式に認可されて保険で処方できるようになったのです。こういう薬を使うメリットは、それまで診断できなかった白にきびと黒にきびを一気に治療できることです。