にきびの原因

にきびの原因 にきび(医学的には尋常性ざ瘡といいます)は、ヘアー包の出口です毛孔に古臭い角質が溜まってつまる結果発生します。これをニキビ(コメド)と呼びます。そこにアクネ桿菌という雑菌の感染を伴って炎症を起こすとにきびになるのです 68

10代に発生する思春期にきびは、紳士ホルモンの分泌が活発化して皮脂が過剰に産生されることにより起こります。紳士ホルモンはあだ名アンドロゲンとも呼ばれ、いくつかタイプがありますが、ゆくゆく精巣から分泌されるものをテストステロンといいます。そのほか、副腎から分泌されるものに、アンドロステンジオンといったデヒドロエピアンドロステロン(DHEA)があります。

テストステロンが皮脂腺の細胞内にあるリダクターゼⅡパターンという酵素を通じて強力化されると、ジヒドロテストステロン(DHT)に変化します。DHTは脂腺細胞の繁殖と皮脂生成を促進する結果、過剰な皮脂がヘアー包を詰まらせ、にきびをでき易くする。 余談ですが、DHTが紳士の毛内で増えると髪の上達期を少なくすると言われており、これが紳士パターン抜毛の原因と考えられています。紳士パターン抜毛の診断に使われているフィナステリド(商品名プロペシア)という薬は、5α-リダクターゼⅡパターンを阻害する結果DHTの生成を抑えて抜毛を予防する実行があります。

また、5α-リダクターゼⅡパターンの分泌分量は遺伝という結合があり、にきびのある他人はない他人に比べて5倍以上DHTへ修正されていると言われています。

クリニックへ

しかし、身辺が忙しくて定期的にクリニックへ向かうことが難しかったり、せっかくの有難い薬も使ったり使わなかったりだと、本来の効果が期待できません。そもそも、にきびに悩む他人がまさに病院にかかる釣り合いは全体の1割合過ぎないというアンケート契約もあるほどですので、その中で定期的に通院して要る他人はごく限られた台数になってしまいます。

にきびは気持ちに大きな影響を及ぼします。女性であればメイクで結構カバーして目立たなくさせることも可能ですが、紳士ですとそんなふうにもいきません。販売で携わる他人や気になるロマンスにはなるたけ素晴らしい感覚を持ってくださいし、そのためには綺麗感が欠かせませんが、赤い高いにきびが際立つ面構えだと必ずしも自分に自信が保ちがたく、積極的な実践へ動き出すことをためらってしまうこともあるでしょう。

にきびに主眼をおいてはいますが、基本と罹るスキンケアは全ての表皮品に共してできるようになっています。スキンケアは女性につきだけではありません。男性にも入用だ。これまでの伝統に囚われずに、素直に実践していただければ幸いです

にきびの診断

これまでのにきび診断 かつては“青春の信号”などと呼ばれたにきび。必ずや、にきびを患う主クラスは10代~20代のいわゆる思春期真っ只中のみなさんですが、30歳~35歳又は40代金になってもにきびに悩む他人も少なくありません。

只今、にきびによる他人は約700万人いると推定されています(塩野義製薬の確認によって)。これ程みんながにきびに耐えるのに、海外に比べると日本のにきび診断はかなり遅れをとっていました。その長所のひとつに、海外では重症のにきびクライアントが多いのに対し、邦人のにきびクライアントは比較的軽微が多いので、保険検査においてにきびは病気として扱われてこなかった事情があります。

癌などの命に関わる病気ではなく、エマージェンシー性も弱い結果、どちらかというとあんまり積極的に治療する医師が少なかったことも影響しているかもしれません。

日本で行われている保険のきく診断は、ニキビ圧出療法・イオウカンフルローション・ビタミン剤・抗生物体(呑み薬若しくは塗り薬)ですが、2008クラスにディフェリンゲル(アダパレン)の公開が努力され、にきび診断が一変しました。それまで一部の医師が独自に入手し自前手当として処方していた薬が、厚生労働省に正式に認可されて保険で処方できるようになったのです。こういう薬を使うメリットは、それまで診断できなかった白にきびと黒にきびを一気に治療できることです。