にきびの原因

にきびの原因 にきび(医学的には尋常性ざ瘡といいます)は、ヘアー包の出口です毛孔に古臭い角質が溜まってつまる結果発生します。これをニキビ(コメド)と呼びます。そこにアクネ桿菌という雑菌の感染を伴って炎症を起こすとにきびになるのです 68

10代に発生する思春期にきびは、紳士ホルモンの分泌が活発化して皮脂が過剰に産生されることにより起こります。紳士ホルモンはあだ名アンドロゲンとも呼ばれ、いくつかタイプがありますが、ゆくゆく精巣から分泌されるものをテストステロンといいます。そのほか、副腎から分泌されるものに、アンドロステンジオンといったデヒドロエピアンドロステロン(DHEA)があります。

テストステロンが皮脂腺の細胞内にあるリダクターゼⅡパターンという酵素を通じて強力化されると、ジヒドロテストステロン(DHT)に変化します。DHTは脂腺細胞の繁殖と皮脂生成を促進する結果、過剰な皮脂がヘアー包を詰まらせ、にきびをでき易くする。 余談ですが、DHTが紳士の毛内で増えると髪の上達期を少なくすると言われており、これが紳士パターン抜毛の原因と考えられています。紳士パターン抜毛の診断に使われているフィナステリド(商品名プロペシア)という薬は、5α-リダクターゼⅡパターンを阻害する結果DHTの生成を抑えて抜毛を予防する実行があります。

また、5α-リダクターゼⅡパターンの分泌分量は遺伝という結合があり、にきびのある他人はない他人に比べて5倍以上DHTへ修正されていると言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です