20代のにきび

一方、20代以上のアダルトにきびは、10代は生起体系が異なります。交替と呼ばれる人肌細胞の生まれ変わりのチェーンが長くなり、角質がめくれ辛くなると角質クラスが分厚くなり、毛孔のインテリアを塞いで皮脂が溜まって赴き、ニキビを作ります。そうすると酸素が少ない環境になるため、反感性菌ですアクネ桿菌が増加しやすくなって炎症を起こし、にきびとなるのです。

思春期のにきびが皮脂分泌の盛んなTゾーンにでき易いのに対し、アダルトにきびは顎~口の周りや面構えの概観等Uゾーンにできるのも特徴です。また、10代の思春期にきびと決定的に違う原因は、刺激。登用し暮らしが一変、暮らしが不規則になって、深夜に夕ごはんを摂ったり睡眠欠落になったりしていませんか?

刺激がかかると、アドレナリン、ノルアドレナリン、コルチゾールというホルモンが多く分泌されます。別にコルチゾールは紳士ホルモンへって変化する結果、コルチゾール↑→紳士ホルモン↑→皮脂分量↑→にきび↑という結果になります。また、刺激により活性酸素が増えて細胞を攻撃するだけでなく、活性酸素がDHTを増加させるので、二度と皮脂分泌分量が伸びるという行き詰まりに陥ります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です