角質にどれだけ湿気が

角質にどれだけ湿気が蓄えられているかで、肌の状態はすごく変わります。長期間湿気があるというスキンが潤って柔らかく滑らかになり、反対に湿気が足りないって乾燥してごわごわし、ハリも低下します。また、湿気の弱化はスキンのハードルキャパシティーを低下させて、痒み・不潔・しわなどの不幸を招きます。

一般的に、スキンが良い状態であれば角質湿気分量は15%~20%そばありますが、乾燥肌では10%以下に低下していると言われています。 こういうデータでは、どの階層も男性は女性のおよそ1/3程度の角質湿気分量しかありませでした。湿気蒸散分量が多いのだから、スキンに残る湿気は当然少なくなります。

先にも述べましたが、紳士ホルモンの一種であるテストステロンが5α-リダクターゼⅡパターンにて変化した製造アイテムがジヒドロテストステロン(DHT)だ。これがヘアー乳頭における紳士ホルモン受容カラダと結合そうすると、上達期の毛に作用して未成熟な通り上達が止まってしまう。そうしてヘアサイクルが乱れた契約、薄毛のスピードを作っていくのです。

本当は、DHTは胎生期から存在しています。胎生期(つまり女性のおなかにおける旬)には紳士の生殖入れ物を生成するうえで重要な役回りを果たし、思春期になると二いつか性徴として筋肉増幅や骨格発育に甚だ寄与します。一方、皮脂分泌を促進してにきびを衰弱させ、前立腺肥大、体毛のプラス、バイタリティー弱化、という様々な負の病状を引き起こします。

テストステロンが30年頃から緩やかに減少するのに従い、その副産物ですDHTも減っていくはずですが、低下比率は個人差が著しいうえに5α-リダクターゼが遺伝みたいに多い慣習においては、ナチュラル低下をただ待つだけでは良くなりません。早めに手を打つことをピンときたほうがよいでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です