にきびの診断

これまでのにきび診断 かつては“青春の信号”などと呼ばれたにきび。必ずや、にきびを患う主クラスは10代~20代のいわゆる思春期真っ只中のみなさんですが、30歳~35歳又は40代金になってもにきびに悩む他人も少なくありません。

只今、にきびによる他人は約700万人いると推定されています(塩野義製薬の確認によって)。これ程みんながにきびに耐えるのに、海外に比べると日本のにきび診断はかなり遅れをとっていました。その長所のひとつに、海外では重症のにきびクライアントが多いのに対し、邦人のにきびクライアントは比較的軽微が多いので、保険検査においてにきびは病気として扱われてこなかった事情があります。

癌などの命に関わる病気ではなく、エマージェンシー性も弱い結果、どちらかというとあんまり積極的に治療する医師が少なかったことも影響しているかもしれません。

日本で行われている保険のきく診断は、ニキビ圧出療法・イオウカンフルローション・ビタミン剤・抗生物体(呑み薬若しくは塗り薬)ですが、2008クラスにディフェリンゲル(アダパレン)の公開が努力され、にきび診断が一変しました。それまで一部の医師が独自に入手し自前手当として処方していた薬が、厚生労働省に正式に認可されて保険で処方できるようになったのです。こういう薬を使うメリットは、それまで診断できなかった白にきびと黒にきびを一気に治療できることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です